必要な書類だけ残しておこう

書類整理を効率的に行うコツとは?

作業効率を高める目的

すぐには処分しないこと

今は使っていない書類でも、これから使うかもしれません。
そう考えて、なかなか書類を捨てられない人がいると思います。
書類を分別する際は、まず制作してから1年が経過しているか確認してください。
経過していない書類は、まだ残しておきます。
経過していたなら、1年以内に使ったか思い出してください。

使わなかった書類は、もう必要ないと判断して処分しても構いません。
これまで制作した書類を全て残していると、かなりの量になるので保管しきれなくなってしまいます。
デスクも散らかるので、作業を進めにくいでしょう。
仕事の効率が高まるように、書類の整理を行ってください。
コツを意識して整理すると、デスク回りがスッキリするでしょう。

機密情報が記載されている

文字が見える状態で、書類を処分しないでください。
第三者に見られると、大事な情報を盗まれる危険性があります。
会社にはシュレッダーがあるでしょうから、必ず使って文字が見えない状態にしてから処分しましょう。
顧客情報が盗まれると、知らないところで犯罪に使用されるかもしれません。

情報の管理が甘い会社は、信頼できません。
ですから様々な会社から、関係を切られてしまうかもしれません。
経営状態も悪くなるなど、大きなデメリットがたくさん訪れます。
シュレッダーを使う作業を面倒に感じると、このようなトラブルが起こると忘れないでください。
どんな書類も、バラバラの状態にすることで安心して処分できます。
情報の漏洩に注意してください。


この記事をシェアする